ニュースリリース

このニュースリリース記事は、リリース日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリース

2018年2月26日

2018 年卒「企業の内定状況調査」結果を発表!

採用活動結果で「不満(39.9 %)」「満足(33.8%)」2 極化傾向
~学生の売り手市場の中、人材獲得ため2018 年卒採用活動に変化(努力)を行った企業多数~

新卒学生の就職情報サイト「ジョーナビ新卒2018」を企画・運営する株式会社求人おきなわ(本社:沖縄県那覇市、代表取
締役社長:大里一雄)は、サイト掲載企業(https://sin.joonavi.jp/2018)を対象に、「企業の内定状況調査」を実施し、
集計結果をまとめました。以下、結果をご報告致します。


 


 調査結果の概要


~18 年卒採用充足度は、「計画より減少」が過去10 年で最高値に~
採用計画に対する充足度では、「計画より減少」58.5%が最多で、予定通り採用数を確保できた企業は40%にとどまり、半数以上が採用予定数を確保できない状況となりました。さらに過去10 年で比較して18 年卒採用企業の「計画より減少」58.5%が最高値となり、充足度でワーストという結果になりました。
18 年卒の採用活動計画調査(※)では、「既存事業の拡大や新規事業開設の為、前年に採用人数を確保できなかった為、内定辞退を考慮して採用数を増やす」などの理由から「採用数が増加する」企業が過去最高値(10 年比)を更新し、企業の採用意欲が非常に高まっていたことから、やはり母集団形成から苦戦し、応募や面接、内定の減少に繋がり、結果的に採用予定数が満たせなかった企業が増加したことが窺えます。


~採用活動が、「予定通りに進まなかった企業」も過去最高値を更新~
採用活動状況をみると「当初の予定通りには進まなかった」企業が49.3%で最多となり、前年比で15.4 ポイント増加、過去7年比でみても最高値となりました。
採用活動では、学生との接触を積極的にはかっていたにも関わらず、結果的には予定通りに活動が進まなかった企業が半数に上りました。


~採用活動結果の満足度でも「不満」が過去最高値に。活動結果は二極化の傾向~
採用活動結果の満足度でも「不満」が最多で39.9%を占め、前年比で13.1 ポイント増加しました。過去7 年で比較したところ、満足度においても「不満」が最高値(7 年比)を更新し、ワースト記録となりました。
ただ活動結果へ「満足」33.8%と回答した企業も3 割強おり、採用数の充足度や、入社予定者への満足度などから採用活動結果で二極化の傾向がみられます。


~「スケジュール変更」5 割、「内定者フォローの見直し」3 割強、「待遇の見直し」2 割強~
企業の業績好調や人手不足から売り手市場が続く中、人材を獲得するために変更(努力)したことを尋ねると、「変更(努力)したことは特にない」と答えた企業は僅か12.3%で、逆に9 割近くの企業が人材獲得のために何らかの変更(努力)を行ったことが分かりました。変更(努力)したことは、「採用活動のスケジュールを変更した」53.8%が最多で、次いで「内定者へのフォローを見直した」38.5%、「待遇を見直した(改善した)」27.7%が挙げられました。
売り手市場が続く中で、企業の人材獲得への危機感、人手不足の深刻さが窺える結果となりました。
(※)「【2018 年卒】企業の採用活動計画調査」2018 年卒採用活動を行う企業を対象に採用活動初期に(2017 年3~4 月)調査


 


 調査結果の詳細


1. 「充足度」について


採用充足度では、「計画より減少」58.5%がトップ、次いで「計画通り」30.8%、「計画より増加」9.2%の順で、「計画より減少」の割合が過去10 年比で最高値となった(「計画より減少」の割合:09 年卒32.7%、10 年卒28.6%、11 年卒39.3%、12年卒:40.6%、13 年卒31.3%、14 年卒39.7%、15 年卒:54.7%、16 年卒53.6%、17 年卒46.4%、18 年卒58.5%)。
一方「計画通り」30.8%と「計画より増加」9.2%を合わせた予定通り採用数を確保できた企業は40%にとどまった。
「計画より減少」では、内定辞退増加や応募数の減少を挙げる声が多く聞かれた。(具体例:『応募者自体も募集人員に対して十分ではなかったが、選考辞退や内定辞退も多く、最終入社承諾者は募集数の半分以下であったから。』)等。



2. 採用活動の状況


採用活動状況は「当初の予定通りには進まなかった」49.3%がトップ、次いで「当初の予定通り進んだ」33.8%、「どちらともいえない」16.9%の順で、「当初の予定通りには進まなかった」の割合も過去7 年比で最高値となった。
売り手市場の学生に向けて、採用活動でも積極的に学生と接触する企業が増えているにも関わらず、2 社に1 社が当初の予定通りに進まず採用活動に苦戦した結果となった。



3. 採用活動結果の満足度


18 年卒採用活動結果の満足度では、「不満」39.9%がトップで、次いで「満足」33.8%、「どちらともいえない」26.3%の順で、過去7 年比で「不満」の割合が最高値に、「満足」の割合が最低値となった。
「不満」と回答した企業からは、『新卒採用活動を開始して5 年程度になり年々応募者数は増加していたが、2018 卒採用では減となった。』『母集団確保も十分にできず採用人数を確保できなかったため。内定辞退者も半分以上いた。』などの声が聞かれた。



4. 人材獲得のために2018 年卒採用から変更(努力)したこと


企業の業績好調や人手不足から売り手市場が続く中、18 年卒採用で人材を獲得するために変更(努力)したことについて尋ねると、「採用活動のスケジュールを変更した」53.8%がトップで、次いで「内定者へのフォローを見直した」38.5%、「待遇を見直した(改善した)」27.7%が挙げられた。「採用活動のスケジュールを変更した」での具体的な内容は『合否結果を1 週間以内に通達することを徹底した。』『採用試験や内定時期を早めた。』等が、「内定者へのフォローを見直した」では『内定式、懇親会等、内定者との接触回数を増やした。』等、「待遇を見直した(改善した)」では『初任給アップ、契約社員から正社員登用になった』等の声が聞かれた。


【調査概要】


■調査期間:2018年1月
■調査方法
学生:「沖縄で就活!学生の就職情報サイト ジョーナビ新卒2018」に登録している会員(1 月末時点会員数2641 人※退会者含む)を対象にWEB 上で、退会者アンケート・現会員アンケートを実施。
企業:「沖縄で就活!学生の就職情報サイト ジョーナビ新卒2018」掲載企業(1 月末時点143 社)に対するWEB アンケートを実施。※設問毎に有効回答のみで集計
■調査対象
学生:2018 年3 月卒業予定の新規学卒者(大学・専門学校等)
企業:2018 年3 月卒業予定の新規学卒者(大学・専門学校等)対象採用活動企業
■有効回答数
学生:285件
企業:65社
※当ページ掲載の調査データは、一部抜粋となります。
全ての調査結果をご覧になりたい方は、下記サイトにてご覧ください。


 


◆「沖縄」の人事・採用担当者のための活用サイト『採用のテビキ』⇒【2018年卒学生・企業の内定状況調査(最終版)】
※『採用のテビキ』は会員制サイト(登録無料)です。ログイン後調査結果の閲覧が可能です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社 求人おきなわ  担当:伊計 紫穂

〒900-0005 沖縄県那覇市天久1044-2

TEL:098-862-2490  FAX:098-862-2630

ページTOPへ戻る 求人おきなわ 建物