ニュースリリース

このニュースリリース記事は、リリース日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリース

2022年2月25日

2022年卒「企業の内定状況調査」調査結果を発表!

~コロナ禍2年目の採用活動では、採用活動を予定通りに行えた企業が前年比24.5ポイント増加~
充足度も約半数、採用活動結果への満足度も5割が満足しているものの応募者対策(母集団形成)や内定(内々定)者辞退への課題も!

新卒学生の就職情報サイト「アグレ新卒」を企画・運営する株式会社求人おきなわ(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:山城正文)は、サイト掲載企業(https://sin.webagre.com/)を対象に企業の採用活動結果を調査した「【2022年卒】企業の内定状況調査」を実施し、集計結果をまとめました。以下、結果をご報告致します。※2022年2月25日付発表

 

 2022年卒の採用活動結果


~コロナ禍2年目の採用活動は内定(内々定)出しに苦戦。選考開始は前年度より僅かに早まり、採用終了時期の分散傾向は前年度同様~
○2022年卒を対象とした採用活動は、経団連から引き継いだ政府の採用スケジュール(※1)により17年卒から6年連続で「採用広報解禁(3月)、選考活動解禁(6月)」でスタートした。
コロナ禍2年目となる22年卒採用活動は、広報・選考・内定(内々定)出しの開始ピーク月は21年卒採用のピーク月とほぼ同じ月となり、採用活動終了時期も21年卒採用と同様、3つの時期に分散した。
○採用スケジュールを、採用広報解禁前に立てた予定(※2)と比較すると、広報開始時期は予定の結果に大きな差はなく、選考開始時期は少し早まった。(広報開始時期:予定「3月」32.6%、結果「3月」38.6%。選考開始ボリュームゾーン:予定「3月~6月」、結果「3月~5月」)。内定(内々定)出しを選考解禁前の5月以前に予定していた企業は45.6%あったが、結果では25.7%と19.9ポイント下回り、思うように内定(内々定)出しできなかった企業の姿が窺える。採用活動終了時期は、予定では「未定」と回答した企業が次点の「12月」に15.3ポイント差をつけ最も多かった(「未定」28.3%、「12月」13.0%)が、結果は「7月」「9月」が同率最多で17.1%、次いで「6月」「10月」「2月」同率12.2%。大きなピーク月はなく、選考解禁時期(6~7月)29.3%・初秋(9~10月)29.3%・年末~翌年(12~2月)29.3%がそれぞれ3割近くと、3つの時期に分散した。
※1 2022年卒採用活動では採用広報解禁時期を3年生の3月(21年卒:3月)、面接等の選考活動は4年生の6月(21年卒:6月)とした。
※2 「【2022年卒】企業の採用活動計画調査」2022年卒採用活動を行う企業を対象に採用活動初期(2020年11月~2020年12月)に調査

~採用活動状況は「当初の予定通りに進んだ」が5年ぶりにトップへ。前年度、過去最高値をマークした「当初の予定通りに進まなかった」は35.9ポイント減少。~
○2022年卒の採用活動状況は、「当初の予定通りに進んだ」40.9%、「当初の予定通りに進まなかった」34.1%、「どちらもといえない」25.0%の順。コロナ禍1年目の21年卒採用活動では「当初の予定通りには進まなかった」が過去最高値70.0%となったが、2年目となる22年卒採用では35.9ポイント減少し、「当初の予定通り進んだ」が17年卒以来5年ぶりに高い割合となった。
21年卒採用では初めての緊急事態宣言の影響により(※3)採用スケジュールの大幅な乱れがあったものの、新しい生活様式が定着してきた22年卒採用では計画より通りに採用活動を進めることができた企業の姿が窺える。
※3 沖縄における緊急事態宣言「外出自粛要請期間」2020/4/16~5/25、2021/1/8~3/21、2021/5/23~9/30

~応募数のボリュームゾーンは「31~50人」で前年度「1~10人」より増加。充足度も「計画通り」「計画より増加」計が5割を超えた~
○応募・面接・内定(内々定)・採用(入社予定)数を2021年卒採用と比較した。応募数は22年卒では「31~50人」23.3%が最も多く、21年卒応募数は「1~10人」20.3%であった。面接数は「1~10人」と「21~30人」が同率最多で25.6%。21年卒の面接数は「1~10人」28.8%が最多であった。内定(内々定)数は22年卒・21年卒共に「1~10人」が最多で、22年卒65.9%・21年卒48.3%。採用(入社予定)数も、22年卒・21年卒共に「1~10人」が最多で、22年卒72.7%・21年卒58.3%であった。
応募数のボリュームゾーンが前年よりアップし、面接数も「1~10人」と「21~30人」の2つのゾーンの計が5割超、内定(内々定)数・採用(入社予定)数のボリュームゾーンは「1~10人」であったもののその割合はどちらも前年を上回った。
○採用計画に対しての充足度では、「計画通り」45.2%、「計画より減少」42.9%、「計画より増加」11.9%の順。21年卒採用では「計画より減少」が次点「計画通り」を23.4ポイント差をつけ最も高い割合となっていたが、22年卒では2.3ポイントと僅差ながら「計画通り」が上回った。また、「計画通り」「計画より増加」を合わせると57.1%となり、5割以上の企業が採用計画を充足できたことがわかる。
○充足度で「計画通り」と答えた企業はその理由に『学生の質を落とさずに目標採用人数に達したため。[メーカー(製造販売)]』や『例年同様、優秀な学生が多かった。[金融・証券・保険関連]』を挙げた。
「計画より減少」では『内定辞退が想定より多く、計画より少ない採用人数になった。[IT・情報通信]』『応募数減によるアンマッチング。[卸売・小売・流通]』『一時採用を止めたため。[金融・証券・保険関連]』『前年に比べて会社説明会・選考・内定者が少なかった。[複合サービス(多角事業)]』など、内定辞退や応募者数減少、コロナ禍による採用の中断などの理由が挙げられた。

~採用活動結果の満足度は「満足」が半数を占めたものの、残る半数の内、「不満」が微増。「どちらもといえない」は微減~
○採用活動結果の満足度では、「満足」50.0%、「どちらもといえない」29.5%、「不満」20.5%の順。「満足」は21年卒と同じ割合であったが、「不満」は微増(前年比2.2ポイント増加)し、「どちらともいえない」は微減(前年比2.2ポイント減少)した。
「どちらかというと満足」「非常に満足」の回答理由は『コロナの影響により、説明会の未実施や試験期間の延長等はあったが、当初の予定よりも早い時期に内定を出す事ができた。[IT・情報通信]』『コロナ渦でも昨年の採用人数並みに採用できたため。[メーカー(製造販売)]』『応募人数は少数であったが、弊社採用基準にあった人材が採用できたと思います。[教育・出版・マスコミ]』『母集団形成から採用までエントリー数が確保され満足のいく選考ができた。[金融・証券・保険関連]』等、コロナ禍の中でも採用人数や採用基準を満たせたことが満足度へつながった模様。
「どちらともいえない」の回答理由は『予定通りの採用人数は確保できたものの母集団が少なかったから。[サービス]』『最終的には人数を確保できたがそれまでに内定辞退が多かった。[卸売・小売・流通]』『採用人数に至らず時間がかかった。[複合サービス(多角事業)]』等。
「どちらかというと不満」の回答理由は『採用予定人数を確保できなかった。[ホテル・旅行]』『コロナ禍により学生との接触がしがたい状況であった。[卸売・小売・流通]』『辞退者が多く予定人数を確保できなかったため。[複合サービス(多角事業)]』等。「どちらもといえない」「不満」と感じた背景に、採用に至るまでの母集団形成や内定辞退などの要因が見受けられた。


~採用課題は「応募者対策(母集団形成)」や「内定(内々定)辞退」。WEB(オンライン)対応は定着か~
2022年卒の採用活動を通して感じる「新卒採用の課題」では、「応募者対策(母集団形成)」や「内定(内々定)辞退」に関する声が多く挙げられた。
「応募者対策(母集団形成)」に関する声では、『コロナによる観光業界への不安から、全体として説明会、応募共に数に減少が見られたが、このご時世なので致し方ないかと思う。コロナ禍でも解雇や削減をせず、昇給や賞与の支給も実現出来た、当社の強みを23卒採用ではアピールして魅力を伝えたい。[ホテル・旅行]』『対面での説明会等が無くなる中での応募数の確保・入社意欲の向上[複合サービス(多角事業)]』等。
「内定(内々定)辞退対策」に関する声では『選考時期。2021年卒とほぼ同じ時期に選考を設定したが、選考途中で辞退(他社からの内定獲得)が多かった。適正なタイミングが分からない。[卸売・小売・流通]』等の声が挙げられた。
「WEB(オンライン)対応」に関する声では『オンラインによる企業・職種理解不足とコミュニケーション不足[IT・情報通信]』等があったものの、21年卒と比較しWEB(オンライン)対応への言及は減り、コロナ禍2年目ではWEB(オンライン)対応が定着した感が窺える。
その他、『入社した後も定着してもらうようフォローが必要と考える[IT・情報通信]』等の声も聞かれた。

 

2022年卒の採用結果(詳細データ)


1.2022年卒採用活動における企業の動き

企業の採用活動スケジュールを2022年卒と2021年卒の採用企業で比較したところ、広報開始時期は22年卒採用では「2021年2月以前」52.3%がピークで、広報解禁前の2月以前に集中していたことがわかる。21年卒採用と比較すると、どちらも「2月以前」がピークだが、前年比13.8ポイント減(21年卒「2月以前」66.1%)。
選考開始時期は22年卒採用では「3月」がピークで、21年卒採用と同様のピーク月(「3月」:22年卒27.3%、21年卒31.6%)。
内定(内々定)出しの時期も、22年卒採用・21卒採用のピーク月は同じ「6月」となっている(22年卒34.9%、21年卒26.8%)。
採用活動終了時期については「7月」「9月」が同率最多で17.1%。次いで同率「6月」「10月」「翌2月」12.2%。大きなピーク月というよりも、選考解禁時期(6~7月)29.3%・初秋(9~10月)29.3%・年末~翌年(12~2月)29.3%へ分散。21年卒も21年卒も年明け(1~2月)25.8%、夏季(8~9月)24.2%、選考開始時期(6~7月)17.2%と、割合の大きさに多少の差はあるものの3つの時期に分散割合・時期に多少の差はあるものの3つの時期に分散していた。



2.2022年卒採用活動における当初の採用計画と結果


コロナ禍2年目を迎えた2022年卒企業の採用活動スケジュールを、当初の活動予定とその結果とで比較した。
22年卒の採用活動では、広報解禁以前の2月までに広報開始した企業は52.4%で、当初の予定と大きな差はなかった(当初の予定:2月以前54.2%)。広報解禁の3月以前に広報を開始した企業は91.0%(当初の予定:3月以前86.8%)。
選考開始時期は、当初の予定では「3月」「4月」が同率ピーク(23.9%)であったが、結果では「3月」27.3%がピーク。10%を超えるボリュームゾーンは予定では3月~6月の4か月であったが、結果では3月~5月と少し早まった。
内定(内々定)出しのピーク月は予定・結果共に「6月」で、結果が予定を6.6ポイント上回った(予定28.3%、結果34.9%)。逆に選考解禁前の5月以前は、予定では45.6%であったが結果は25.7%と、19.9ポイント下回った。
採用活動終了時期は、予定では「未定」と回答した企業が次点の「12月」に15.3ポイント差をつけ最も多かった(「未定」28.3%、「12月」13.0%)が、結果では、「7月」「9月」が同率最多で17.1%、次いで「6月」「10月」「2月」同率12.2%。大きなピーク月はなく、選考解禁時期(6~7月)29.3%・初秋(9~10月)29.3%・年末~翌年(12~2月)29.3%がそれぞれ3割近くと、3つの時期に分散した。



3.採用活動状況について


2022年卒の採用活動状況を尋ねたところ、「当初の予定通りに進んだ」40.9%、「当初の予定通りには進まなかった」34.1%、「どちらともいえない」25.0%の順。コロナ禍1年目の21年卒採用活動では「当初の予定通りに進まなかった」が過去最高値の70.0%となったが、2年目となる22年卒採用では35.9ポイント減少し、「当初の予定通りに進んだ」が17年卒以来5年ぶりに多い割合となった。



4. 「応募数」「面接数」「内定(内々定)数」「採用(入社予定)数」前年比


応募・面接・内定(内々定)・採用(入社予定)数を2021年卒採用と比較した。応募数は22年卒では「31~50人」23.3%が最も多く、21年卒応募数は「1~10人」20.3%であった。面接数は「1~10人」と「21~30人」が同率最多で25.6%。21年卒の面接数は「1~10人」28.8%が最多であった。内定(内々定)数は22年卒・21年卒共に「1~10人」が最多で、22年卒65.9%・21年卒48.3%。採用(入社予定)数も、22年卒・21年卒共に「1~10人」が最多で、22年卒72.7%・21年卒58.3%であった。


5.「充足度」について

採用計画に対しての充足度では「計画通り」45.2%、「計画より減少」42.9%、「計画より増加」11.9%の順。21年卒では「計画より減少」51.7%が次点「計画通り」28.3%へ23.4ポイント差をつけ最も高い割合となっていたが、22年卒では2.3ポイント差と僅差ながら「計画通り」が上回った。
充足度で「計画通り」と答えた企業はその理由に『学生の質を落とさずに目標採用人数に達したため。[メーカー(製造販売)]』や『例年同様、優秀な学生が多かった。[金融・証券・保険関連]』を挙げた。
「計画より減少」では『内定辞退が想定より多く、計画より少ない採用人数になった。[IT・情報通信]』『応募数減によるアンマッチング。[卸売・小売・流通]』『一時採用を止めたため。[金融・証券・保険関連]』『前年に比べて会社説明会・選考・内定者が少なかった。[複合サービス(多角事業)]』など、内定辞退や応募者数減少、コロナ禍による採用の中断などの理由が挙げられた。


 

6.「採用活動結果」について

採用活動結果の満足度では、「満足」50.0%と回答した企業が最多で21年卒と同じ割合であったが、「不満」20.5%は微増(前年比2.2ポイント増加)し、「どちらともいえない」29.5%は微減(前年比2.2ポイント減少)した。
「どちらかというと満足」「非常に満足」の回答理由は『コロナの影響により、説明会の未実施や試験期間の延長等はあったが、当初の予定よりも早い時期に内定を出す事ができた。[IT・情報通信]』『コロナ渦でも昨年の採用人数並みに採用できたため。[メーカー(製造販売)]』『応募人数は少数であったが、弊社採用基準にあった人材が採用できたと思います。[教育・出版・マスコミ]』『母集団形成から採用までエントリー数が確保され満足のいく選考ができた。[金融・証券・保険関連]』等。
「どちらともいえない」の回答理由は『予定通りの採用人数は確保できたものの母集団が少なかったから。[サービス]』『最終的には人数を確保できたがそれまでに内定辞退が多かった。[卸売・小売・流通]』『採用人数に至らず時間がかかった。[複合サービス(多角事業)]』等が挙げられた。
「どちらかというと不満」の回答理由は『採用予定人数を確保できなかった。[ホテル・旅行]』『コロナ禍により学生との接触がしがたい状況であった。[卸売・小売・流通]』『辞退者が多く予定人数を確保できなかったため。[複合サービス(多角事業)]』等。


 

7.新卒採用の課題について

2022年卒の採用活動を通して、現時点で感じる「新卒採用の課題」では、「応募者対策(母集団形成)」に関する声が多く聞かれた。『コロナによる観光業界への不安から、全体として説明会、応募共に数に減少が見られたが、このご時世なので致し方ないかと思う。コロナ禍でも解雇や削減をせず、昇給や賞与の支給も実現出来た、当社の強みを23卒採用ではアピールして魅力を伝えたい。[ホテル・旅行]』『対面での説明会等が無くなる中での応募数の確保・入社意欲の向上[複合サービス(多角事業)]』等。
「内定(内々定)辞退対策」に関する声では『選考時期。2021年卒とほぼ同じ時期に選考を設定したが、選考途中で辞退(他社からの内定獲得)が多かった。適正なタイミングが分からない。[卸売・小売・流通]』等が、「WEB(オンライン)対応」に関する声では『オンラインによる企業・職種理解不足とコミュニケーション不足[IT・情報通信]』等が、その他、『入社した後も定着してもらうようフォローが必要と考える[IT・情報通信]』等も聞かれた。
■2022年卒の採用活動を通して、現時点で感じる「新卒採用の課題」とは?(自由回答)
■「応募者対策(母集団形成)」に関する声
・コロナによる観光業界への不安から、全体として説明会、応募共に数に減少が見られたが、このご時世なので致し方ないかと思う。
コロナ禍でも解雇や削減をせず、昇給や賞与の支給も実現出来た、当社の強みを23卒採用ではアピールして魅力を伝えたい。[ホテル・旅行]
・対面での説明会等が無くなる中での応募数の確保・入社意欲の向上。[複合サービス(多角事業)]
■「内定(内々定)辞退対策」に関する声
・選考時期。2021年卒とほぼ同じ時期に選考を設定したが、選考途中で辞退(他社からの内定獲得)が多かった。適正なタイミングが分からない。[卸売・小売・流通]
■「WEB(オンライン)対応」に関する声
・オンラインによる企業・職種理解不足とコミュニケーション不足。[IT・情報通信]
■「その他」に関する声
・入社した後も定着してもらうようフォローが必要と考える。[IT・情報通信]

【調査概要】

■調査期間:2021年12月3日~2022年1月25日
■調査方法:2022年3月卒業予定の新規学卒者(大学・専門学校等)対象の採用活動企業へWEBアンケートを依頼
※設問ごとに有効回答のみで集計
※構成比は小数点以下を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはなりません。
■調査対象:2022年3月卒業予定の新規学卒者(大学・専門学校等)対象の採用活動企業
■有効回答数:44社


※当ページ掲載の調査データは、一部抜粋となります。
全ての調査結果をご覧になりたい方は、下記サイトにてご覧ください。

◆「沖縄」の人事・採用担当者のための活用サイト『採用のテビキ』⇒新卒採用企業 採用活動結果調査(2022年卒)
※『採用のテビキ』は会員制サイト(登録無料)です。ログイン後調査結果の閲覧が可能です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社 求人おきなわ  担当:伊計 紫穂

〒900-0005 沖縄県那覇市天久1044-2

TEL:098-862-2490  FAX:098-862-2630

ページTOPへ戻る 求人おきなわ 建物